作成者別アーカイブ: first

「地価」について

DH102

いくらで購入することができるのかを知る

土地を購入したいとすると、いったいくらで買うことができるのかということが大きな焦点となるでしょう。
欲しいといっても、価格によっては購入を考えなければいけないことも出てくるはずです。
そこで、考えていかなければいけないのが地価ということになって行きます。

日本という国の国土を考えた場合、土地は非常に限られています。
それなのにもかかわらず、人口が多く、過密な状態になっていることは間違いないでしょう。
土地の需要が高いということは、こうした背景があるのです。

需要は便利な都市部に行けばさらに高まり、売り手市場になって行きます。
つまり、需要と供給のバランスは、供給側に有利な状況と傾いているといえるでしょう。

さらに、量産できるものではない唯一性を持っており、人気に比例して高額になるしかありません。
こう言ったところからもわかる通り、高額になってしまう要素をいくつも持っているのです。

地価を決めていく要素

地価を決める要素は、いろいろとあります。
地域性ということは重要な要素で、どんな特性を持った地域なのかということによって価格は大きく変化して行くのです。
環境として恵まれており、買い物にも生活にも便利な土地ならば、必ず上がっていくことでしょう。

固有の特性もあります。
形や道路の条件、高低差といったものは容易に偏向することができるわけではありません。
建築法規の問題などもあり、特性に優れていれば上がっていくことは間違いないのです。

人の出入りの多い土地は、流通量の問題により価格が上昇します。
人の動きがなければ、手に入れても便利であるとは言えない可能性が高いため、価格は下がってしまうのです。
流通量が高いということは、将来発展する可能性を持っているともいえるでしょう。

売り手市場である以上、業者が高値で売りたいかどうかということもかかわってきます。
周辺の地価が公表されている以上、あまりにかけ離れた価格にはなりませんが、徐々に全体を引き上げていくことも考えられるのです。
特に集中して持っている業者はこうした価格を左右できるだけの力を持つこともあります。

売主の事情も重要で、どうしてもお金が欲しいときには、売れるように下げることも出てくるのです。
なかなかつかみにくい情報ですが、こうした動機は売り手から買い手に優先権がシフトするため、価格に大きな影響を与えます。

土地というものの価格に掘り出し物はないといわれますが、これは周辺事情がかかわってくるからです。
どこもみなとなりの価格を気にしている以上、突出して安くなったり高くなったりすることもありません。
その中で激安になっていたりすれば、何らかの原因があるのですから、何かおかしいと思ってみることが必要となるのです。

長く暮らせる土地を選ぶには

DH108

建物なら変えられるけれど……

長く暮らしていくためには、家がしっかりとしたものでなければいけません。
これは確かなことですが、どんな土地に建てるのかということも重要なポイントになるでしょう。

建物は自分で変えることもできる要素ですが、土地は行政などによっても左右されます。
もともと持っている立地条件などは、自分で変えることができないものであり、事前に予測していかなければいけない要件ともいえるのです。
完全な予測は不可能としても、ある程度はできるのですから、検討する際に間違わないようにしなければいけないでしょう。

変化しない条件で考えること

土地を購入するということを考えた場合、変化しない条件を重要視するということが一つあります。
変化しない条件とは、駅から徒歩で歩く距離や通勤といった目的の場所までの距離といったことは、何か起きてもほぼ変化しません。

ところが、騒音などの問題は、道路工事の結果などで変化してしまう可能性が出てくるのです。
こうした問題を予測することは難しいため、変化しない条件を重要視しておくということが条件となってくるのです。

それでも、将来騒音の問題が出たり、周りが工場で囲まれてしまい、住環境として悪化するとするのであれば、できれば避けたいところとなるでしょう。
できれば予測しておきたい問題ですが、これを都市計画情報として調べることができるようになっていたりするのです。

用途地域を知ることでわかる将来

住宅を建てるとするのであれば、市街化区域にしか建てられません。
市街化調整区域は、条件に合わなければ建てることができないため、購入して建てるということはかなり難しいでしょう。
都市計画区域外に立てることもできますが、インフラの問題も出てくるため、将来予測はさらに難しくなってしまいます。

さらに、用途地域ということを細かく見ることも必要です。
用途地域は、工業専用地域でなければ建てることができますが、工業地域になっていたりすると将来工場がたつ可能性が出てきます。
同じように準住居地域になっていたりすれば、大規模な商業施設が建ち、喧騒の中で暮らさなければいけないかもしれません。

これらの区分を、地図を見て考えることができるのが用途地域図です。
役所で購入することもできますが、インターネットで公開していたりするのです。
都市計画情報として公開しているものですが、この区分を見ていくだけでも将来どんなところになるのかを予測することができるでしょう。

周辺環境は、時間とともに必ず変化して行きます。
少しでも正確な変化予測をするためにも、こうした情報を生かしていくといいでしょう。

地震に強い土地を探す方法

IMG_171911

液状化が危ない

家を建てるというのであれば、末永く住んでいたいと考えるはずです。
通勤のしやすさや生活も環境も重要ですが、地震が起きた時に液状化したりすることも考えなければいけないでしょう。

東日本大震災の際には、関東などで地面が水のように液状化してしまう現象が起きました。
これにより、傾いてしまった家も多数出てきたのです。
こうした可能性は、マイホームを購入することを考える際には考慮しておかなければいけないこととなってきているといえるでしょう。

ハザードマップの活用

すべての可能性をこれだけで見るのは危険ではありますが、自治体が災害を予測しているハザードマップがあります。
液状化する可能性に関しても起こされており、参考にすることができるでしょう。
東京に関していえば、東側のほうが液状化する可能性は低いとされているのです。

ほんの少し変えるだけで、危険地域ではないところを選ぶことができる可能性もあります。
こうした情報をうまく活用していくことは、リスクを少しでも軽減させることができる可能性があるといえるでしょう。

事前に調査ができる可能性もある

液状化してしまうかどうかを直接調査する方法もあります。
わずかな費用で行うことができる方法としては、SS式と呼ばれるスウェーデン式サウンディング試験が知られているでしょう。
N値という値で結果が出てきますが、これを参考にする方法です。

本来は購入時に地盤調査を行わなければいけないことになっていますが、事前に調査することができることもあります。
10万円程度でできることが多いため、ボーリング調査を行うよりは安価です。

ですが、費用がかかることは確かですので、保証がついた土地を購入するということも考慮するべきでしょう。
地盤保証は、住宅メーカーなどがつけるもので、液状化したときにはリスクを保証するというものです。
少なくとも、保証がある分だけリスクを軽減できることは間違いありません。

地盤改良によって液状化を防ぐ

根本的に液状化を防ぐのであれば、地盤改良をすることが重要です。
地中杭を打ったところで、建物は沈下を防ぐことができますが、地盤が液状化してしまうことを防ぐわけではありません。

これはマンションなどでも同じで、建物を傾いたりさせずに維持できますが、周辺は沈んでしまうかもしれないのです。
地盤改良にもいろいろな方法がありますが、施工前におこわなければ、かなり巨額な費用負担になる恐れもあるため、地盤がどんなものなのか知っておかなければリスクは軽減しにくいといえるでしょう。

住宅ローンの「繰り上げ返済」とは?

JP053_350A11

利息を増やさないために

住宅ローンを考えていくうえで、返済期間や金利の問題は大きく影響を与えます。
返済期間が延びれば、それだけ総返済額は増えていくことになりますし、金利が高くなれば利息が増えることになるでしょう。
こうした問題を解決する方法としては、繰上返済を考えることが一番なのです。

繰上返済は何かといえば、簡単に言えば返済とは別に返すことを言います。
仕組みとしては単純ですが、通常の返済にはさまざまな形があっても、利息と元本を返済することになるでしょう。
これを一定期間繰り返すことで返済を終了させることになります。

ところが、繰上返済の場合には、利息に充当されません。
直接元本に繰り入れられることになるため、利息自体を減らしていくことができるようになるのです。

2つの形がある繰上返済

繰上返済には、期間短縮型と呼ばれるタイプと、もう一つ返済額軽減型というタイプがあります。
期間短縮型は、繰上返済をすることにより返済期間を短縮させていく方法です。
将来の返済分を先に返済することにより、負担を軽減して行きます。

返済額軽減型は、元本を減らしていくことにより、一回の返済額を減らしていくことができる方法です。
毎月の返済額は減りますが、返済期間は減りません。
ですが、この方法のほうが利息負担額は大きく減少し、総返済額も減らしやすい方法といえるのです。

早期に活用するのがカギとなる

元本が利息に大きな影響を与えることになるのですから、繰上返済は早期に活用していくことが重要といえます。
こまめにでも早期に実施して行けば行くほど、利息自体を減らすことができるようになるのですから、活用して行くべきであるといえるでしょう。
しかし、問題も多数あります。

繰上返済をするということは、現金を失うということになります。
その分、何かあったときに使うことができる現金も減少してしまうことになるでしょう。

怪我をしたり病気になったりすることもありますし、それによって収入が減少する可能性も否定できません。
教育費などの問題もありますので、貯蓄をどの程度投入できるのか、計算をしたうえで繰上返済をしなければ、せっかくの効果を失ってしまう可能性も出てくるのです。

さらに、繰上返済をすると、手数料がとられてしまう住宅ローンもあります。
一定額以上でなければできないなどの条件を付けられることもありますので、繰上返済をしやすい住宅ローンを選択しておくことも重要となるのです。

中にはインターネットを使うことで、手数料が発生しないなどの条件がある場合もあります。
うまく活用するためにも、こうした情報を活用できるようにすることも必要となるのです。

住宅ローン控除と確定申告について

JP121_72A

できるだけ減らそう

住宅ローンに関する負担は、家計をどんどんと圧迫して行きます。
決して軽いものではない以上、できるだけ減らすことが重要です。
繰上返済のように、直接減らす方法もありますが、根本的に支払う金額を下げる住宅ローン控除も重要でしょう。

住宅ローン控除が適用されるためには、確定申告をしなければいけません。
サラリーマンの場合には、翌年の1月から3月15日までに行わなければいけることができなくなりますので注意が必要です。
自営業の場合には、通常の確定申告と同じように、2月15日から3月15日の間に行う必要があります。

必要書類を集めるところから

確定申告には、必要な書類があります。
契約書のコピーや住民票、源泉徴収票などの必要書類を前年のうちに集めておくことがポイントです。
こうすることによって、スムーズに進めることができるようになるでしょう。

確定申告書に関しては、国税庁のホームページからプリントアウトが可能です。
もしも、プリンター等がない場合には、税務署に行けば簡単に手に入れることができます。

便利な方法としては、インターネット上で作成してしまう方法でしょう。
流れも説明していますので、だれでもできるようになっています。

確定申告の書類の作成方法

実際の作成方法としては、集めた書類を見ながら(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書に記入していくことになります。
必要な事項を記入して行くと、自然に計算ができるようになるでしょう。
これが終わったら、確定申告書に記入します。

あとはこれを税務署に持ち込むか、郵送すれば終わりです。
税務署は、2月を過ぎると驚くほど混みます。
できることならば1月中に終わらせておくと、時間もかからずに済むでしょう。
郵送するという方法もありますが、地域の税務署は決まっていますので、間違わないようにすることが大切です。

2年目以降は

2年目以降は、サラリーマンであれば年末調整でできるようになります。
原則として10年間適用することができますので、毎年行ったほうがいいでしょう。

年末調整に関しては、住宅ローンの年末残高証明書が必要です。
初年度に確定申告を行っていれば、給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書等という書類が9年分届いていますので、一緒に経理等に提出することになります。
自営業に関しては、確定申告が必要となりますので、初年度と変わりません。

女性向けの住宅ローンとは

勉強

時代の変化

女性という立場を考えると、住宅ローンが組みにくい条件があったりすることは確かです。
しかし、時代は変わり、多くの女性が男性と変わらないように働け、収入も増えてきています。
それまでの不安定な収入というイメージから、大きく変わりつつあるといってもいいでしょう。

金融機関としても、男性に比べて、確実に返済を考えるのが女性だと考えています。
そのため、女性向け住宅ローンもだんだんと充実してきているのです。
ただし、まだ決まった形があるわけではなく、特徴もバラバラですので、自分にあったものを探すということが重要となってきます。

女性専用に優遇されている部分

女性向けローンには、いろいろな特徴がありますが、優遇されている部分もたくさんあることを知ることが必要です。
この特徴も、大きく分けることができます。

一番多いのが、金利が優遇されているものでしょう。
女性という立場を考え、借りやすくするための優遇措置です。
原則的には同じ金利を適用しますが、出産後の育児休業中などに関して金利を引き下げてくれるというのも、金利優遇の一環といえます。

女性ならではの特典があるものも一つです。
金利などではなく、サービスとしての特典で、繰上返済にかかわる手数料が無料になっていたりするものが多いでしょう。
保険が無料になったりすることが多いのですが、まったく異なるレジャー施設などの割引が利用できたりすることもあるのです。

もっと別の視点から、借りやすくなっているということも女性専用ローンとして用意されていることがあります。
女性の場合、どうしても収入が下がってしまうことがあり、借りにくくなってしまうことが指摘されていました。
契約社員のような待遇の場合でも借りやすくしていることが特徴となっているのです。

ですが、ハードルを下げた結果、リスクは増大してしまうために金利が高くなってしまうことも出てきます。
審査が通る可能性を引き上げることができますが、一般的な商品でも通るのであればかえってマイナスになってしまうようなことも出てくるのです。

何が得なのか目的に併せて考える

女性専用の商品の利用を考えるのであれば、本当に利益があるのかどうなのかを検討しておく必要があるでしょう。
一般の商品でも条件が通るのであれば、何も優遇にならないことも出てきます。
逆にうまく活用することにより、普段の生活でプラスになるような場合もあるのです。

金利は同じでも、サービスが付加されれば、その分は得であるともいえるでしょう。
目的をはっきりさせることで考えていくと、うまく活用することができるのです。

住宅購入時にはマネープランを立てよう

KH143_72A

ライフプランとの兼ね合い

人生にはさまざまなことが起きます。
そのたびにお金がかかったりすることもあるでしょう。
マイホームを購入したいと思うことも、出来事の一つですし、お金がかかることの一つです。

マイホームは、人生の中でも最大級にお金が必要になることでしょう。
そのためには、マネープランを考えていくことも必要となってくるのです。

マネープランというと、なんだか難しそうに思うかもしれませんが何も難しくありません。
人生の予定と目標を考え、お金という単位を付けていくだけだからです。

ライフプランを立てるところから

マネープランを考えていくうえで、まずはどんなことが起きるのかを考えてみましょう。
結婚するかもしれませんし、結婚していれば、子供の予定もあるでしょう。
子供ができれば、成長していくことになりますので、学校の入学などがわかるようになってきます。

こうしたことを一つの表にしていくことを、ライフプランといいます。
これを年ごとに表にしていきましょう。

転職をしたいと予定しているかもしれませんし、独立を考えていたりすることもあるでしょう。
定年ということも出てきますので、その時期もライフプランに入れていきます。
これに対して、お金の流れを入れていくのがマネープランになるのです。

マネープランで見えるお金の出入り

マネープランを考えるうえでは、自分だけのことだけを見ていていてはいけません。
両親がいれば、医療にかかるお金を負担することも出てくるでしょう。
これは自分たちにも言えることです。

サラリーマンであれば、定年を迎える時期に収入が激減することも予定されているでしょう。
こうしたことをマネープランではっきりさせていくと、お金がいくら手に入り、出ていくのかという一連の流れが見えてくるようになるのです。

月にかかる生活費などを細かく精査し、マネープランの精度を上げれば上げるほど、正確な資料として成り立ちますが、人生は設計通りになど行きません。
そんな人はいないのですから、リスクが潜んでいるということも忘れないようにしなければいけないのです。

マネープランは結果的には表だということ

たとえば、収入があると思っていても、会社が倒産するかもしれません。
マネープランを見ていくと、マイホームを購入することができるかもしれませんが、その時に現金が残っていなかったらどうなるでしょうか。
こうしたマネープランだけを見て計画すると、木を見て森を見ずということにもなりかねません。

マイホームは、幸せな生活の一環として考えているということでしょう。
そのために、大きなリスクを背負うことが正しいのかも考えるべきなのです。
表はあくまでも表でしかなく、幸せを教えてくれるものではないのですから、よく考えて決断するための手段として利用することが大切だといえるでしょう。

カテゴリー: 費用 | 投稿日: | 投稿者:

予算内で家を建てる方法とは

KH030_72A

やりくり上手

マイホームを手にするためには、さまざまな予算を組み、計画して行ったはずです。
しかし、だれもが大きなお金を貯めることができるわけではなく、ある程度絞り込まなければいけないことも出てくるでしょう。
一番問題になるのは、住宅ローンを利用したりすることになる以上、返済ができる範囲に収めるということになります。

そのためには、予算の中でマイホームを建てるということも考えていかなければいけないポイントとなるでしょう。
まずは、正しい予算ということを把握して行かなければいけません。

予算として考えていかなければいけないのが、土地建物の代金のほかに諸費用が必要であるということです。
さらに、引っ越し代金や照明やカーテンなど家具にかかる費用、外構工事なども考える必要が出てきます。
ここまで踏まえ、予算としていかなければいけません。

優先順位を決めて交渉していくこと

予算内でマイホームを探すためには、何が優先なのかを考えていくことが必要です。
すべての要件を満たすことができないからこそ、困っている状況でしょう。
条件に対して優先順位を付けていくことによって、物件を見つけやすくなって行くのです。

次にどんなところに相談し、契約するのかということを考えていくことも必要となってきます。
できるだけ安く購入したいのはやまやまですが、実際に表に出ている金額はさほど差がありません。
これは、実勢価格を知っているからです。

そんな中、契約を即してくるような業者は、決して引っかかってはいけないでしょう。
何か問題があるから、急いで契約は欲しいということはよくある話です。
もしかすると、もっと問題が隠れているかもしれません。

ですが、相手はできるだけ売りたいのに時期の問題があるということがあるかもしれないのです。
時期というのは、あまり売れない時期で、どうしても売りたいと思っていたり、決算の直前で売り上げを上げたいと思っていたりするということもあるでしょう。
こうした意識は逆手に取ることもできるのです。

売りたいと思っている相手には、どんどん交渉していくことが重要でしょう。
何も引くことはありません。
どんどんと自分たちの思いを伝え、予算はこれしかないということを前面に出していくのです。

自分たちは、お客であるということも忘れる必要はありません。
要望をすべて伝え、主導権を相手に渡さないようにしていくことが重要でしょう。
今ハンコを押してもらえれば、いくら値引きますなどという相手主導の流れに乗る必要はないのです。

マイホームは高い買い物です。
だからこそ、予算を決めたのですから、その予算をオーバーするような買い物にせず、適正なものを探すためにも、自分たちの流れの中で交渉していくことが大切だといえるでしょう。

カテゴリー: 費用 | 投稿日: | 投稿者:

マイホーム購入前に貯蓄すべき金額は?

KH195_72A

ローンの負担を減らしておく

マイホームの購入を考える場合には、貯蓄をすることが重要です。
頭金0とするとしても、自己資金を0にすることができるというわけではありません。
住宅ローンを利用していくことが多くなるマイホームの購入ですが、この場合にも自己資金は必要になって行きます。

一般的に頭金は、購入金額の2割ほどといわれます。
ローンの返済回数と金額にもよりますが、この2割を用意することで、数百万円の差が出てきたりすることも珍しくありません。
ただし、頭金に投入しすぎて現金の残高が少なくなると、諸費用だけではなく、リスクにも対応できなくなりますので、よく考えて投入する必要があるでしょう。

諸費用の問題と圧縮

マイホームは、購入時に建物自体の建築費用のほかに諸費用が必要になってきます。
さまざまなコストがかかるわけですが、購入金額に対して10%ぐらいかかることもあるのです。
この諸費用は、すべて現金で賄わなければいけないため、貯蓄として考えておかなければいけないでしょう。

ただし、こうした諸費用は、頑張ればかなり圧縮できるものもあります。
税金などは難しいとしても、司法書士にかかる費用は自分で行うことでなくすこともかのうです。
引越しなどにかかる費用や家具やインテリアの購入費は、初期の段階では費用がかさむために抑えることもできるでしょう。

調整しやすい部分としては、火災保険があります。
できるだけ多くの比較を進めていくことで、かなり圧縮が可能です。
掛ければいいというものではありませんので、よく考えておかなければいけません。

計画は無理をしないことが必要

貯蓄の目標自体は、購入したいマイホームのイメージが固まってくると立てやすいものですが、問題はすべて使えるわけじゃないという点にあります。
購入後にも税金などでどんどん費用がかさみます。
こうしたお金もすべて現金であるということに注意しなければいけないでしょう。

こうしたリスクに対応するためには、ある程度の現金を残す必要が出てきます。
教育用の貯蓄もその一つといえるでしょう。

金額は人によって変わりますので、一概には言えません。
100万円もあれば、ある程度のリスクに耐えられるかもしれませんし、家族や親族が多いとなれば、さらに大きな金額を用意する必要に迫られます。
想像以上に大きな金額が必要となりますので、無理をしない計画をすることが大切だといえるでしょう。

カテゴリー: 費用 | 投稿日: | 投稿者:

不動産会社の種類について

mennsrtu

取引の方法

マイホームを持とうと考える場合、不動産会社の種類も知っておかなければいけないでしょう。
取引方法や物件によって分類することができるからです。

特に大事になってくるのが、売主と販売代理、仲介の違いにあります。
簡単に考えれば、不動産を取引するということを考えると、売主がいて買主がいて、売買契約を結ぶことで成立する取引であると考えることができるでしょう。
ですが、売主にしても買主にしても専門家ではないため、間に不動産会社などを入れてくるのです。

ここで重要となるのが、仲介という存在です。
販売代理は、売主の代理となり取引をするのでわかりやすい存在ですが、仲介はちょっとわかりにくい取引となります。
わかりやすく言うのであれば、仲人さんであると考えるといいでしょう。

売買契約を結ぶのは、あくまでも売り主と買主ですが、その間を取り持つのが仲介になるのです。
媒介とも言いますが、その手数料をもらう代わりに相手を紹介すると考えるといいでしょう。

新築で耳にするデベロッパー

新築か中古かで取引する会社も変わってきます。
一戸建ての新築物件を個人が建てて売ることはまずないため、不動産会社を含めたデベロッパーが中心となってくるでしょう。
ハウスメーカーや工務店もあり得ます。

マンションに関しては、個人が建てて売る場合も存在します。
ですが、多くはデベロッパーになるでしょう。
このデベロッパーとは、開発会社と呼ばれる大手ですが、販売代理業者を傘下に抱えており、窓口とすることもよくあります。

中古の物件を取引するのなら

中古マンションや一戸建ての場合、仲介がメインになってくるところが大きな違いといえるでしょう。
新築でも仲介は存在しますが、中古の場合には個人の所有物件が多いため、仲介という形をとることがほとんどなのです。

仲介業者に任せることによって、情報を収集させることもできます。
マンションに関しては、物件の管理を行っている管理会社が入ってくる場合もあるのです。

巨大なデベロッパーから管理会社まで

規模という面から考えると、デベロッパーは非常に巨大です。
傘下に販売会社などを持っていることもあり、非常に多彩な販売形式を持っています。

工務店やハウスメーカーと呼ばれる会社は、それぞれ独自のコンセプトがあったりする企業です。
規模は確実に小さくなって行きますので、保険制度の加入といった安全策がどこまで取られているのかを確認する必要があるでしょう。

販売代理会社は、販売業務だけを行っています。
仲介会社は、契約事務に特化していると考えることもできますが、どうしても費用がかさんでいくことになるでしょう。
マンションなどに特化しているのが管理会社であり、管理組織から委託を受けているところに特徴があるのです。