カテゴリー別アーカイブ: コラム

マイホームを購入する年齢層や傾向とは?

一生に一度のお買い物、マイホームの購入について

家が欲しいと思っている方にとってマイホームの購入は一生に一度の大きなお買い物となります。
マイホーム資金として貯蓄を行い、頭金がある程度の金額になって、どのような家を購入しようか予算を調整しながら慎重に考えていると思います。
これから家を建設しよう、また購入しようという方、予定をされている方にとって、どの程度の貯蓄額になってから家を購入するのか、またどのくらいの年齢で家の購入を考えるのか、これも気になるところです。

マイホーム購入、年齢はどのくらいで購入している?

マイホームの購入は高額な費用がかかり、日頃のお買い物とは違い多くの方が慎重になると思います。
どの程度の年齢でマイホーム購入を考えるのか、省庁がデータを公表しているので確認してみると、平成26年度のデータで家の購入を行う方の中で、最も多い年齢層は38歳程度、これは分譲戸建て住宅を購入された方の平均年齢です。

分譲マンションは40歳程度、中古戸建住宅は41歳程度、中古マンションの購入については41歳くらいとなっています。
こうして実際にマイホームを購入されている方々の年齢層を見ると、総合的に30歳から40歳くらいにかけて購入されていることがわかります。

この位の年齢層でマイホームの購入を考える背景には、住宅ローンを組める年代で購入したいという意図があります。
年齢が上がれば上がるほど、住宅ローンでも長期のローンを組みにくくなるという現実があるため、30歳から40歳くらいの年齢で購入を考えるという事でしょう。

住宅ローンについては完済時の年齢条件があり、通常、80歳が目安となっています。
つまり逆算すると45歳を過ぎてから住宅ローンを組む場合、長期ローンは組みにくくなるという事になります。
またこの位の年齢になると、お子さんが小学校に入学しこの先の教育資金等、資金繰りを考えやすくなるという事で、住宅ローンを組む、マイホームを購入するという事を現実的に考えやすくなるのだと思います。

どのくらいの頭金を用意しているのか

住宅ローンを楽にする、返済を楽にするためにはできる限り頭金を多く入れて住宅ローン総額を低くしようと考えます。
マイホームの購入を考えている方々の貯蓄額を日本銀行中央委員会の公表で調べてみると、平均貯蓄額は20代で346万、30代になると656万となっています。

こうしてみるとある程度の金額を貯蓄してからマイホームの購入を考慮されているのだという事がわかります。
一般的に住宅ローンの頭金については最低、物件価格の2割といわれていますので、仮に3000万の物件を購入すると予想した場合、2割となれば600万となりますので、20代では足りないという事になります。
30代では平均656万円の貯蓄額となっていますので、30代で購入を考える事が多くなる、という事もうなずける数字なのです。