カテゴリー別アーカイブ: 費用

住宅購入時にはマネープランを立てよう

KH143_72A

ライフプランとの兼ね合い

人生にはさまざまなことが起きます。
そのたびにお金がかかったりすることもあるでしょう。
マイホームを購入したいと思うことも、出来事の一つですし、お金がかかることの一つです。

マイホームは、人生の中でも最大級にお金が必要になることでしょう。
そのためには、マネープランを考えていくことも必要となってくるのです。

マネープランというと、なんだか難しそうに思うかもしれませんが何も難しくありません。
人生の予定と目標を考え、お金という単位を付けていくだけだからです。

ライフプランを立てるところから

マネープランを考えていくうえで、まずはどんなことが起きるのかを考えてみましょう。
結婚するかもしれませんし、結婚していれば、子供の予定もあるでしょう。
子供ができれば、成長していくことになりますので、学校の入学などがわかるようになってきます。

こうしたことを一つの表にしていくことを、ライフプランといいます。
これを年ごとに表にしていきましょう。

転職をしたいと予定しているかもしれませんし、独立を考えていたりすることもあるでしょう。
定年ということも出てきますので、その時期もライフプランに入れていきます。
これに対して、お金の流れを入れていくのがマネープランになるのです。

マネープランで見えるお金の出入り

マネープランを考えるうえでは、自分だけのことだけを見ていていてはいけません。
両親がいれば、医療にかかるお金を負担することも出てくるでしょう。
これは自分たちにも言えることです。

サラリーマンであれば、定年を迎える時期に収入が激減することも予定されているでしょう。
こうしたことをマネープランではっきりさせていくと、お金がいくら手に入り、出ていくのかという一連の流れが見えてくるようになるのです。

月にかかる生活費などを細かく精査し、マネープランの精度を上げれば上げるほど、正確な資料として成り立ちますが、人生は設計通りになど行きません。
そんな人はいないのですから、リスクが潜んでいるということも忘れないようにしなければいけないのです。

マネープランは結果的には表だということ

たとえば、収入があると思っていても、会社が倒産するかもしれません。
マネープランを見ていくと、マイホームを購入することができるかもしれませんが、その時に現金が残っていなかったらどうなるでしょうか。
こうしたマネープランだけを見て計画すると、木を見て森を見ずということにもなりかねません。

マイホームは、幸せな生活の一環として考えているということでしょう。
そのために、大きなリスクを背負うことが正しいのかも考えるべきなのです。
表はあくまでも表でしかなく、幸せを教えてくれるものではないのですから、よく考えて決断するための手段として利用することが大切だといえるでしょう。

カテゴリー: 費用 | 投稿日: | 投稿者:

予算内で家を建てる方法とは

KH030_72A

やりくり上手

マイホームを手にするためには、さまざまな予算を組み、計画して行ったはずです。
しかし、だれもが大きなお金を貯めることができるわけではなく、ある程度絞り込まなければいけないことも出てくるでしょう。
一番問題になるのは、住宅ローンを利用したりすることになる以上、返済ができる範囲に収めるということになります。

そのためには、予算の中でマイホームを建てるということも考えていかなければいけないポイントとなるでしょう。
まずは、正しい予算ということを把握して行かなければいけません。

予算として考えていかなければいけないのが、土地建物の代金のほかに諸費用が必要であるということです。
さらに、引っ越し代金や照明やカーテンなど家具にかかる費用、外構工事なども考える必要が出てきます。
ここまで踏まえ、予算としていかなければいけません。

優先順位を決めて交渉していくこと

予算内でマイホームを探すためには、何が優先なのかを考えていくことが必要です。
すべての要件を満たすことができないからこそ、困っている状況でしょう。
条件に対して優先順位を付けていくことによって、物件を見つけやすくなって行くのです。

次にどんなところに相談し、契約するのかということを考えていくことも必要となってきます。
できるだけ安く購入したいのはやまやまですが、実際に表に出ている金額はさほど差がありません。
これは、実勢価格を知っているからです。

そんな中、契約を即してくるような業者は、決して引っかかってはいけないでしょう。
何か問題があるから、急いで契約は欲しいということはよくある話です。
もしかすると、もっと問題が隠れているかもしれません。

ですが、相手はできるだけ売りたいのに時期の問題があるということがあるかもしれないのです。
時期というのは、あまり売れない時期で、どうしても売りたいと思っていたり、決算の直前で売り上げを上げたいと思っていたりするということもあるでしょう。
こうした意識は逆手に取ることもできるのです。

売りたいと思っている相手には、どんどん交渉していくことが重要でしょう。
何も引くことはありません。
どんどんと自分たちの思いを伝え、予算はこれしかないということを前面に出していくのです。

自分たちは、お客であるということも忘れる必要はありません。
要望をすべて伝え、主導権を相手に渡さないようにしていくことが重要でしょう。
今ハンコを押してもらえれば、いくら値引きますなどという相手主導の流れに乗る必要はないのです。

マイホームは高い買い物です。
だからこそ、予算を決めたのですから、その予算をオーバーするような買い物にせず、適正なものを探すためにも、自分たちの流れの中で交渉していくことが大切だといえるでしょう。

カテゴリー: 費用 | 投稿日: | 投稿者:

マイホーム購入前に貯蓄すべき金額は?

KH195_72A

ローンの負担を減らしておく

マイホームの購入を考える場合には、貯蓄をすることが重要です。
頭金0とするとしても、自己資金を0にすることができるというわけではありません。
住宅ローンを利用していくことが多くなるマイホームの購入ですが、この場合にも自己資金は必要になって行きます。

一般的に頭金は、購入金額の2割ほどといわれます。
ローンの返済回数と金額にもよりますが、この2割を用意することで、数百万円の差が出てきたりすることも珍しくありません。
ただし、頭金に投入しすぎて現金の残高が少なくなると、諸費用だけではなく、リスクにも対応できなくなりますので、よく考えて投入する必要があるでしょう。

諸費用の問題と圧縮

マイホームは、購入時に建物自体の建築費用のほかに諸費用が必要になってきます。
さまざまなコストがかかるわけですが、購入金額に対して10%ぐらいかかることもあるのです。
この諸費用は、すべて現金で賄わなければいけないため、貯蓄として考えておかなければいけないでしょう。

ただし、こうした諸費用は、頑張ればかなり圧縮できるものもあります。
税金などは難しいとしても、司法書士にかかる費用は自分で行うことでなくすこともかのうです。
引越しなどにかかる費用や家具やインテリアの購入費は、初期の段階では費用がかさむために抑えることもできるでしょう。

調整しやすい部分としては、火災保険があります。
できるだけ多くの比較を進めていくことで、かなり圧縮が可能です。
掛ければいいというものではありませんので、よく考えておかなければいけません。

計画は無理をしないことが必要

貯蓄の目標自体は、購入したいマイホームのイメージが固まってくると立てやすいものですが、問題はすべて使えるわけじゃないという点にあります。
購入後にも税金などでどんどん費用がかさみます。
こうしたお金もすべて現金であるということに注意しなければいけないでしょう。

こうしたリスクに対応するためには、ある程度の現金を残す必要が出てきます。
教育用の貯蓄もその一つといえるでしょう。

金額は人によって変わりますので、一概には言えません。
100万円もあれば、ある程度のリスクに耐えられるかもしれませんし、家族や親族が多いとなれば、さらに大きな金額を用意する必要に迫られます。
想像以上に大きな金額が必要となりますので、無理をしない計画をすることが大切だといえるでしょう。

カテゴリー: 費用 | 投稿日: | 投稿者:

マイホーム購入後にかかる費用とは

HW038_72A

買った後が大切です!

マイホームを購入すると、費用的には返済を考えていけばいいと思いがちです。
しかし、本当はここからが山場になってくるということを考えなければいけません。
資金計画としては、下記のようなサイトが参考になります。
>>http://kinie.nifty.com/loan/shikin/after/

家計をどんどんと圧迫していくことも考えられますので、よく考えておかなければいけないでしょう。
住宅を購入した後にかかる費用を事前に調べる必要があります。
大きく分類した例もありますので、参考になるはずです。
>>http://manetatsu.com/2015/02/40675/

実は大きい購入後の費用

マイホームは、購入した時点から劣化して行きます。
耐久度は必ず下がっていくことになるため、メンテナンスを考えていかなければいけません。
それも、できるだけ早い段階から始めることが重要なポイントとなるのです。

メンテナンス費用はいろいろとありますが、戸建ての場合には10年間で100万円以上はかかると考えられています。
マンションの場合には月2万円程度は引かれることになるでしょう。
決して安い金額ではありません。

保険の費用も継続的に必要です。
団体信用保険などは、金利に上乗せになったりするため、継続している状況となっているはずですが、火災保険や地震保険のように、後掛けにしなければいけないものもあるでしょう。

継続発生という面では、ローン金利もあります。
改めて発生してくるものではありませんが、変動金利にしていたりすると、大きな変化を見せることも出てくるでしょう。
逆に、繰上返済をすることなどで減らしていくこともできるものであるという点も重要です。

生活費として、水道抗光熱費は忘れてはいけない経費です。
一戸建てにすると、かなりの費用になってくることもありますので、引っ越した後に驚かないようにすることも必要でしょう。

大きな比重となってくる税金

大事なこととして、税金の発生も忘れてはいけません。
これがかなり大きなものとなり、所有している限り一生支払っていくことになるものであることを考えると、比重もかなりのものになるでしょう。

税金に関しては2種類あり、固定資産税と都市計画税に分かれます。
都市計画税に関しては、支払わなくてもいい地域もある点に注意が必要でしょう。
かなりの金額ですので、下記も参考にしておくべきです。
>>https://www.proud-web.jp/proudclub/lesson/1411_ad05/index.html

固定資産税には基準価格が重要で、3年ごとに見直し変動して行きます。
大きな問題となってしまうのが、土地の価格変動で、知らないうちに高い価値が出てきてしまっていることも出てくるのです。
住んでいなくても支払い義務がある税金ですので、よく考え検討しておくことも必要となります。
税金に関しては、一括で支払うことが難しい場合には、年4回に分割することも可能です。

カテゴリー: 費用 | 投稿日: | 投稿者:

マイホーム購入に必要な費用

KH065_72A

現金での支払い

マイホームを購入するとするのであれば、いったいどれぐらいのお金がかかるのかを考えなければいけません。
非常に大きなお金が動くことになるのですから、諸費用といっても小さな金額では済まないからです。
実際にかかる金額を見てみると、その大きさに驚いてしまうことも出てくるでしょう。

だいたいの目安としては、物件価格の10%以内に収まるといわれます。
新築の場合で3%~7%、中古の場合には6%~10%といわれますが、どんな取引方法にするのか、総費用はいくらになるのかによっても差がつくのです。
こうした諸費用の大きな問題は、これらを現金で支払わなければいけない点にありますので、あくまでも目安として考えるといいでしょう。

頭金の用意から登記に関する費用

頭金は、必要に応じて用意するものになります。
現金で支払う購入費用であり、0にすることもできますが、借入金額が増えるとともに審査も厳しくなる可能性があるでしょう。
金利が上昇する場合もありますので、できれば購入費用に対して20%用意することが求められます。

購入すると、登記をしなければいけません。
そこには印紙税がかかりますが、これも購入費用によって変化します。
登録免許税や不動産取得税、売主との話し合いになりますが固定資産税も必要です。

登記手数料は、司法書士に支払う手数料になります。
もちろん自分で行えばかかりません。

ローンなどにかかわってくる費用と引っ越すまで

ローンや保険も重要な費用です。
住宅ローンを組む場合には、保証料を支払うことも必要になってきます。
商品によっては無料ということもありますが、一括払いできるとかなり楽にはなるでしょう。

団体信用生命保険料は、ほとんどの場合に必要です。
こちらは、金利の上乗せがほとんどですが、フラット30のように必要がないものもあります。
ですが、のちのリスクを考えると、できるだけ加入したほうがいいでしょう。

融資を受けるにあたって、融資手数料も必要です。
3万円から5万円に設定されていることもありますし、融資金額に対して2%などの定率になることもあります。
さらに火災保険などもローン実行時に必要になることがあるのです。

もちろん忘れてはいけないのが、引っ越しをしなければいけないため、引っ越しの費用や家具の購入金額も考えておかなければいけないでしょう。
細かな出費もいろいろとありますので、すべてを含めて考えると、かなりの金額になって行くのです。

こうした諸費用は、すべて現金で出ていってしまいます。
用意が厳しいときには、専用の商品を利用するといったことも方法です。
問題は返済方法ですので、本当に可能かどうかを探り、検討しておくことも必要でしょう。

カテゴリー: 費用 | 投稿日: | 投稿者: