マイホーム購入前に貯蓄すべき金額は?

KH195_72A

ローンの負担を減らしておく

マイホームの購入を考える場合には、貯蓄をすることが重要です。
頭金0とするとしても、自己資金を0にすることができるというわけではありません。
住宅ローンを利用していくことが多くなるマイホームの購入ですが、この場合にも自己資金は必要になって行きます。

一般的に頭金は、購入金額の2割ほどといわれます。
ローンの返済回数と金額にもよりますが、この2割を用意することで、数百万円の差が出てきたりすることも珍しくありません。
ただし、頭金に投入しすぎて現金の残高が少なくなると、諸費用だけではなく、リスクにも対応できなくなりますので、よく考えて投入する必要があるでしょう。

諸費用の問題と圧縮

マイホームは、購入時に建物自体の建築費用のほかに諸費用が必要になってきます。
さまざまなコストがかかるわけですが、購入金額に対して10%ぐらいかかることもあるのです。
この諸費用は、すべて現金で賄わなければいけないため、貯蓄として考えておかなければいけないでしょう。

ただし、こうした諸費用は、頑張ればかなり圧縮できるものもあります。
税金などは難しいとしても、司法書士にかかる費用は自分で行うことでなくすこともかのうです。
引越しなどにかかる費用や家具やインテリアの購入費は、初期の段階では費用がかさむために抑えることもできるでしょう。

調整しやすい部分としては、火災保険があります。
できるだけ多くの比較を進めていくことで、かなり圧縮が可能です。
掛ければいいというものではありませんので、よく考えておかなければいけません。

計画は無理をしないことが必要

貯蓄の目標自体は、購入したいマイホームのイメージが固まってくると立てやすいものですが、問題はすべて使えるわけじゃないという点にあります。
購入後にも税金などでどんどん費用がかさみます。
こうしたお金もすべて現金であるということに注意しなければいけないでしょう。

こうしたリスクに対応するためには、ある程度の現金を残す必要が出てきます。
教育用の貯蓄もその一つといえるでしょう。

金額は人によって変わりますので、一概には言えません。
100万円もあれば、ある程度のリスクに耐えられるかもしれませんし、家族や親族が多いとなれば、さらに大きな金額を用意する必要に迫られます。
想像以上に大きな金額が必要となりますので、無理をしない計画をすることが大切だといえるでしょう。

カテゴリー: 費用 | 投稿日: | 投稿者: