マイホーム購入に必要な費用

KH065_72A

現金での支払い

マイホームを購入するとするのであれば、いったいどれぐらいのお金がかかるのかを考えなければいけません。
非常に大きなお金が動くことになるのですから、諸費用といっても小さな金額では済まないからです。
実際にかかる金額を見てみると、その大きさに驚いてしまうことも出てくるでしょう。

だいたいの目安としては、物件価格の10%以内に収まるといわれます。
新築の場合で3%~7%、中古の場合には6%~10%といわれますが、どんな取引方法にするのか、総費用はいくらになるのかによっても差がつくのです。
こうした諸費用の大きな問題は、これらを現金で支払わなければいけない点にありますので、あくまでも目安として考えるといいでしょう。

頭金の用意から登記に関する費用

頭金は、必要に応じて用意するものになります。
現金で支払う購入費用であり、0にすることもできますが、借入金額が増えるとともに審査も厳しくなる可能性があるでしょう。
金利が上昇する場合もありますので、できれば購入費用に対して20%用意することが求められます。

購入すると、登記をしなければいけません。
そこには印紙税がかかりますが、これも購入費用によって変化します。
登録免許税や不動産取得税、売主との話し合いになりますが固定資産税も必要です。

登記手数料は、司法書士に支払う手数料になります。
もちろん自分で行えばかかりません。

ローンなどにかかわってくる費用と引っ越すまで

ローンや保険も重要な費用です。
住宅ローンを組む場合には、保証料を支払うことも必要になってきます。
商品によっては無料ということもありますが、一括払いできるとかなり楽にはなるでしょう。

団体信用生命保険料は、ほとんどの場合に必要です。
こちらは、金利の上乗せがほとんどですが、フラット30のように必要がないものもあります。
ですが、のちのリスクを考えると、できるだけ加入したほうがいいでしょう。

融資を受けるにあたって、融資手数料も必要です。
3万円から5万円に設定されていることもありますし、融資金額に対して2%などの定率になることもあります。
さらに火災保険などもローン実行時に必要になることがあるのです。

もちろん忘れてはいけないのが、引っ越しをしなければいけないため、引っ越しの費用や家具の購入金額も考えておかなければいけないでしょう。
細かな出費もいろいろとありますので、すべてを含めて考えると、かなりの金額になって行くのです。

こうした諸費用は、すべて現金で出ていってしまいます。
用意が厳しいときには、専用の商品を利用するといったことも方法です。
問題は返済方法ですので、本当に可能かどうかを探り、検討しておくことも必要でしょう。

カテゴリー: 費用 | 投稿日: | 投稿者: