女性向けの住宅ローンとは

勉強

時代の変化

女性という立場を考えると、住宅ローンが組みにくい条件があったりすることは確かです。
しかし、時代は変わり、多くの女性が男性と変わらないように働け、収入も増えてきています。
それまでの不安定な収入というイメージから、大きく変わりつつあるといってもいいでしょう。

金融機関としても、男性に比べて、確実に返済を考えるのが女性だと考えています。
そのため、女性向け住宅ローンもだんだんと充実してきているのです。
ただし、まだ決まった形があるわけではなく、特徴もバラバラですので、自分にあったものを探すということが重要となってきます。

女性専用に優遇されている部分

女性向けローンには、いろいろな特徴がありますが、優遇されている部分もたくさんあることを知ることが必要です。
この特徴も、大きく分けることができます。

一番多いのが、金利が優遇されているものでしょう。
女性という立場を考え、借りやすくするための優遇措置です。
原則的には同じ金利を適用しますが、出産後の育児休業中などに関して金利を引き下げてくれるというのも、金利優遇の一環といえます。

女性ならではの特典があるものも一つです。
金利などではなく、サービスとしての特典で、繰上返済にかかわる手数料が無料になっていたりするものが多いでしょう。
保険が無料になったりすることが多いのですが、まったく異なるレジャー施設などの割引が利用できたりすることもあるのです。

もっと別の視点から、借りやすくなっているということも女性専用ローンとして用意されていることがあります。
女性の場合、どうしても収入が下がってしまうことがあり、借りにくくなってしまうことが指摘されていました。
契約社員のような待遇の場合でも借りやすくしていることが特徴となっているのです。

ですが、ハードルを下げた結果、リスクは増大してしまうために金利が高くなってしまうことも出てきます。
審査が通る可能性を引き上げることができますが、一般的な商品でも通るのであればかえってマイナスになってしまうようなことも出てくるのです。

何が得なのか目的に併せて考える

女性専用の商品の利用を考えるのであれば、本当に利益があるのかどうなのかを検討しておく必要があるでしょう。
一般の商品でも条件が通るのであれば、何も優遇にならないことも出てきます。
逆にうまく活用することにより、普段の生活でプラスになるような場合もあるのです。

金利は同じでも、サービスが付加されれば、その分は得であるともいえるでしょう。
目的をはっきりさせることで考えていくと、うまく活用することができるのです。