住宅ローンの「繰り上げ返済」とは?

JP053_350A11

利息を増やさないために

住宅ローンを考えていくうえで、返済期間や金利の問題は大きく影響を与えます。
返済期間が延びれば、それだけ総返済額は増えていくことになりますし、金利が高くなれば利息が増えることになるでしょう。
こうした問題を解決する方法としては、繰上返済を考えることが一番なのです。

繰上返済は何かといえば、簡単に言えば返済とは別に返すことを言います。
仕組みとしては単純ですが、通常の返済にはさまざまな形があっても、利息と元本を返済することになるでしょう。
これを一定期間繰り返すことで返済を終了させることになります。

ところが、繰上返済の場合には、利息に充当されません。
直接元本に繰り入れられることになるため、利息自体を減らしていくことができるようになるのです。

2つの形がある繰上返済

繰上返済には、期間短縮型と呼ばれるタイプと、もう一つ返済額軽減型というタイプがあります。
期間短縮型は、繰上返済をすることにより返済期間を短縮させていく方法です。
将来の返済分を先に返済することにより、負担を軽減して行きます。

返済額軽減型は、元本を減らしていくことにより、一回の返済額を減らしていくことができる方法です。
毎月の返済額は減りますが、返済期間は減りません。
ですが、この方法のほうが利息負担額は大きく減少し、総返済額も減らしやすい方法といえるのです。

早期に活用するのがカギとなる

元本が利息に大きな影響を与えることになるのですから、繰上返済は早期に活用していくことが重要といえます。
こまめにでも早期に実施して行けば行くほど、利息自体を減らすことができるようになるのですから、活用して行くべきであるといえるでしょう。
しかし、問題も多数あります。

繰上返済をするということは、現金を失うということになります。
その分、何かあったときに使うことができる現金も減少してしまうことになるでしょう。

怪我をしたり病気になったりすることもありますし、それによって収入が減少する可能性も否定できません。
教育費などの問題もありますので、貯蓄をどの程度投入できるのか、計算をしたうえで繰上返済をしなければ、せっかくの効果を失ってしまう可能性も出てくるのです。

さらに、繰上返済をすると、手数料がとられてしまう住宅ローンもあります。
一定額以上でなければできないなどの条件を付けられることもありますので、繰上返済をしやすい住宅ローンを選択しておくことも重要となるのです。

中にはインターネットを使うことで、手数料が発生しないなどの条件がある場合もあります。
うまく活用するためにも、こうした情報を活用できるようにすることも必要となるのです。