住宅ローンの種類について知ろう

HT147_72A

どれにしようかお悩みですか?

住宅ローンを考えていくうえで、いったいどんな種類があるのかということを知ることが大切です。
その中で、自分の生活にあったものを考えるということが、住宅ローンを選ぶ第一歩になってくるでしょう。

逆に知らなければ、どんなものに申し込んでいいのかもわかりません。
それではうまくいくこともいかなくなってしまうのです。

人気のあるフラット35とフラット35S

全期間固定型として名前が知られているのが、フラット35でしょう。
住宅金融支援機構と民間金融機関の提携によって行われている住宅ローンです。
窓口となっているのは、民間金融機関であり、金利なども金融機関ごとに設定することができるようになっています。

このフラット35は、金融機関は窓口だけで、保証をするのが住宅金融支援機構です。
そのため、審査も住宅金融支援機構が行う点に注意が必要でしょう。

金利は全期間固定となるため、一切変動はしませんが、金融機関が決めることができるためにかなり幅もあります。
あくまでも引き渡し時点での金利となるため、思っている金利と違うことがある可能性も忘れないようにしなければいけません。

類似しているものに、フラット35Sがあります。
こちらは、条件が厳しくなるものの、金利が低くなるため、かなり有利な住宅ローンとなりますので、物件を探しているときに利用できるかどうか確認しておく必要があるでしょう。

利用する可能性の高い民間の住宅ローン

民間の住宅ローンの場合には、変動型が中心です。
固定期間選択型もありますが、基本は変動型に近いシステムを持っているといえます。
全期間固定型はほとんどありません。

金利に関しては、店頭金利よりも下げるサービスがいろいろとあります。
こうしたサービスを利用することにより、かなり有利にすることができますが、条件がいろいろとありますので、チェックしなければいけないでしょう。

民間の住宅ローンとして、不動産会社の持つ提携ローンもあります。
窓口が不動産会社になるため、審査もかなり緩くなる特徴があるのです。
金利も大幅に引き下げてあることもありますし、フルローンを組めるように条件が緩和されているものもありますので、確認しておくといいでしょう。

有利になることも多い自治体や財形融資

自治体や財形融資も住宅ローンの一つになります。
自治体の場合には、独自の融資制度が設定されていることがあり、直接融資するタイプと金融機関を通すものがあり性格が異なりますので注意が必要です。
こうした住宅ローンは、かなり大きな違いがありますので、自治体ごとに確認しなければいけません。

財形融資は、財形貯蓄1年以上、残高50万円以上で利用することができるものです。
貯蓄額の100倍で最高4000万円まで借り入れできるもので、金利も非常に低く5年固定型になっています。
特例措置などもありますので、利用する場合には確認が必要でしょう。