永く受け継がれる家とは

マイホームのメンテナンス、考えていますか

住宅購入するという事は、その後、その住宅を維持していく必要があります。
住宅は建築してからそのまま新築同様の状態で維持できればいいのですが、当然劣化します。
太陽の光、雨、風、こうした自然の天候等によってどうしても劣化が進みます。
新築物件を購入した、また新築してから劣化が始まっていると考える事が必要なのです。

日本の住宅は滅失期間が30年前後といわれています。
滅失期間というのは建物の寿命の事ですが、環境や住宅事情によって劣化の度合いも違ってきます。
場合によっては住宅を2回、建築しなければならないという事もあるのです。
そうならないように、滅失期間を延ばすという取り組みを政府が進めており、そこに長期優良住宅というものがあります。

長期にわたり住宅が良好な状態で使用できるように、色々な対策が練られている住宅の事で、こうした住宅については住宅の維持や保全のために、メンテナンスプログラム実施する事を前提としています。
メンテナンスプログラムは30年間、かなりの金額でこの中には屋根・外壁、内装、内部設備、外回り、さらにシロアリ駆除なども入っています。
こうしたメンテナンスはどの住宅にもかかるもので、長く大切に住宅を維持していくためには、メンテナンス費用に関しても考えておく必要があるのです。

メンテナンスを考慮するという事は家を大切にするという事

メンテナンスを行う事を考えるという事は、自分の家を大切にするという考え方を実行するという事です。
お金がかかるという事だけに意識が行ってしまうのですが、そうではなく、メンテナンスを行う事で、より自分の家の価値を維持する事が出来ると考えるといいでしょう。

メンテナンスがもったいない、費用を出せないという事になると、結果、メンテナンスよりもずっと高い費用がかかる改修工事が必要な状態になる事もあります。
外壁が傷んでいるのを放っておいて、内部にまで雨水が侵入し、そこから内部の大切な柱が腐ってしまった・・・となれば大がかりな改修工事が必要です。
そのようなことにならないように、しっかりとメンテナンス費用を考えて、適切な時期に適切な改修を行うという事を考慮すべきなのです。

お得に済ませるために

メンテナンスの費用も外壁や防水、また設備、定期点検など別々に行うとひどく費用がかかるように感じますが、メンテナンスパックという商品を提供している企業もあります。
通常住宅維持のためにかかるメンテナンスをパックにしたもので、定期点検なども含まれているので非常に安心ですし、リーズナブルな価格設定となっています。
ばらばらに行って高い費用がかかるよりも、パックを利用すれば適切な時期にしっかりと改修等行ってもらい、安く済むので最近は人気が高くなっています。