環境性能表示制度とは

住宅の環境、気になります

これからマイホームを購入するという時、やはり住宅の環境は気になります。
一戸建て、マンション等の環境性能については、自治体によって制定されている基準により評価されており、この評価についてはホームページ上などで公表されていることもありますし、不動産業者などがインターネット上で物件を広告したり、表示する、雑誌や店頭などで表示するサイン、表示する事を義務付けするという所が多くなっています。

各自治体が行っている環境性能表示制度については、CASBEEと呼ばれている評価システムがあり、各地域、自治体の地域性や政策等考慮し、修正などを行って評価制度を採用しているという所が多くなっています。
このCASBEEでは建築材料について、省エネルギー、環境負荷の少ない材料糊ようなどを採用し、このほかにも室内でどのくらいの快適性があるのか、その物件がどのように地域の環境を考慮した建物となっているのかなども含めて総合的に評価されています。

各地域の例をみてみよう

東京都の場合、マンションの環境性能表示を独自の基準で行っています。
この場合、表示の義務付けとなっている項目は、設備の省エネ性、建物の断熱性、太陽光発店システム・太陽熱、建物の長命化、みどり、という5つの項目となっています。
この項目について東京都では3段階によって表示されており、この環境性能表示の対象となる物件は、床面積2000㎡以上の分譲、若しくは賃貸マンションとしています。
これに値する物件は、間取りなどが表示されている広告、チラシなどについてこれらの環境性能表示をしなければならないと義務付けしています。

大阪市ではどうなのかというと、床面積2000㎡以上の「新築物件等」が対象とし、CO2削減、省エネ対策、みどり・ヒートアイランド対策、太陽光発電設等の導入状況といった4つの項目について評価を行っており、この評価は大阪市の場合、5段階評価となっています。
広告について義務付けとなる条件として、広告がA4サイズ以上となる場合、こうした評価を表示しなければならないとしています。

この様に、東京都、大阪市など、各自治体によって独自の基準を決めていることが多いので、その独自の基準など、環境性能表示制度に沿った広告などがおこなわれているかどうかを確認することも、物件購入者として大切な事です。
こうした制度が義務付けられているのに、表示を行っていないという場合、その企業は信頼性のない企業と考える事が出来ます。
物件を購入する、建築するという場合、中古でも新築でも人生の中で最も大きなお買い物となる事が多いので、しっかりと配慮し、しかるべき情報を集めて慎重に購入を考える必要があります。