注文住宅と建売住宅

JV134_72A

ニーズによって選ぶ

マイホームを考える場合、建売住宅と注文住宅のどちらにするべきか考えてしまうことでしょう。
どうしてもコストの違いというところに注目が行きますが、それだけではありません。
それぞれに特徴があり、ニーズによって考えていく必要があるのです。

基本的には、土地があるのであれば注文住宅になるでしょう。
一戸建てを購入するということであれば、2つの選択肢に分かれていくことになるわけです。
長く暮らすものになるのですから、慎重に慎重を期すぐらいで考えていかなければいけません。

建売住宅は、土地と建物の両方を販売している会社から購入する方法です。
建て売りといっても実物がたっていない設計プランの段階で販売するものもありますが、建築確認申請が終わっていることになるはずですので、そのまま建つことになります。

注文住宅はといえば、建築事務所やハウスメーカーに設計を依頼するところから始まります。
事前に購入した土地に対して設計を進めていくため、流れも全く異なることになるでしょう。
建築請負契約を結んでいくということも大きな違いとなります。

中間的な建築条件付き土地というものもありますが、これは注文住宅に近い存在といえるでしょう。
その代り、建築請負契約を結ばなければいけなくなります。

メリットにもデメリットにもなる特徴

建売住宅の特徴は、すでに出来上がっているというところにあるでしょう。
間取りができ上がっているため、イメージもしやすくなり、あとから余分なコストも発生しにくくなります。

物件自体も検索しやすく、簡単に目に付くところも大きなポイントとなるでしょう。
価格もわかりやすいため、すべての計画がしやすくなるのです。
この価格についても、部材を一括購入したりすることにより、格安になっていることが多くあります。

土地と権利が一体ですので、銀行の審査も通りやすくなるメリットがあるといえるでしょう。
その代り、自分で好きな形にすることはできません。
自分の希望を通すのであれば、注文住宅がいいでしょう。
いろいろなところが行っていますが、下記のような会社もあります。
>>http://www.mok-house.com/

予算などの制限は出てきますが、好きな間取りで好きな形にすることができます。
手間はかかりますが、それだけ自分の思う通りにすることができるのですから大きなメリットです。
どんな形に建てるのかも、その過程を見ていくことができるというのは大きな安心感につながることでしょう。

イメージギャップを防ぐため、パソコンを使ってシミュレーションもできるようになってきています。
かなり細かに再現することができるため、イメージもわきやすくなりました。

コストの面は、調整がかなり必要ですが、そこまで割高というわけでもなくなってきています。
相談してみると、そこまで差がないこともありますので、まずは行動してみるといいでしょう。