“住まい関連の諸制度⑥ ~【フラット】35~”

住宅を購入する際に知っておきたいフラット35Sとフラット35

住宅を購入する計画がある方は、フラット35S、フラット35を理解しておくことが必要でしょう。
住宅金融支援機構、さらに民間金融機関提携で取り扱う固定金利の住宅ローンがフラット35です。

フラット35では一定基準を満たす住宅の場合、当初の金利が引き下げとなるフラット35Sを利用出来るようになります。
この対象となる住宅の条件は、省エネルギー性、耐震性、耐久性・可変性、さらいバリアフリー性の中で、1つ満たせばいいとされています。

このフラット35Sに基準のレベルによって金利Aと金利Bというプランがあり、金利Aの方がレベルも高くなっています。
金利Bは当初5年間金利が0.3%引き下げ、金利Aは当初10年となっています。

フラット35Sが利用できる条件とは

フラット35Sを利用したいという場合、一定条件を満たす必要があります。

省エネルギー対策等級4以上、一時エネルギー消費量等級4以上、耐震等級(躯体構造の倒壊等帽子)2以上、免震建築物、高齢者等配慮対策等級3以上、劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上(マンションの場合は一定更新対策が必須)という一定条件があり、等級表示されているものについては、住宅性能表示制度等級と同等ですが、住宅性能評価書を取得する必要はありません。

中古特有の基準条件が必要な金利Bのプランでは、二重サッシか複層ガラスを利用している、建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅または中古マンションらくらくフラット35の中でフラット35Sとして登録されている住宅、浴室及び階段に手すりが設置されている住宅、屋内の段差が解消されている住宅、この条件のうち、いずれが1つ以上満たせば利用できます。

新築・中古共通の基準が必要な金利Aのプランでは、住宅事業建築主の判断の基準、トップランナー基準に適合する住宅(一戸建てのみ)、認定低炭素住宅、一次エネルギー消費量等級5の住宅、性能向上計画認定住宅、認定長期優良住宅、耐震等級(構造躯体倒壊等防止)3、高齢者等配慮対策等級4以上(マンションの専用部分は等級3でも可能)、このうちのいずれか1つ以上の基準を満たせば利用できます。

住宅購入は中古住宅であっても、人生の中でお高い買い物となります。
そのため、住宅ローンを借り入れする時の金利は支払を少しでも楽にするため、出来る限り低い方がいいと考えるのが一般的です。
フラット35Sやフラット35などを利用できれば、通常よりも低い金利で借り入れできるのですから、一定基準を満たす中古物件を購入するという事を考える方が、その先、返済が楽になると考える事が出来ます。