不動産会社の種類について

mennsrtu

取引の方法

マイホームを持とうと考える場合、不動産会社の種類も知っておかなければいけないでしょう。
取引方法や物件によって分類することができるからです。

特に大事になってくるのが、売主と販売代理、仲介の違いにあります。
簡単に考えれば、不動産を取引するということを考えると、売主がいて買主がいて、売買契約を結ぶことで成立する取引であると考えることができるでしょう。
ですが、売主にしても買主にしても専門家ではないため、間に不動産会社などを入れてくるのです。

ここで重要となるのが、仲介という存在です。
販売代理は、売主の代理となり取引をするのでわかりやすい存在ですが、仲介はちょっとわかりにくい取引となります。
わかりやすく言うのであれば、仲人さんであると考えるといいでしょう。

売買契約を結ぶのは、あくまでも売り主と買主ですが、その間を取り持つのが仲介になるのです。
媒介とも言いますが、その手数料をもらう代わりに相手を紹介すると考えるといいでしょう。

新築で耳にするデベロッパー

新築か中古かで取引する会社も変わってきます。
一戸建ての新築物件を個人が建てて売ることはまずないため、不動産会社を含めたデベロッパーが中心となってくるでしょう。
ハウスメーカーや工務店もあり得ます。

マンションに関しては、個人が建てて売る場合も存在します。
ですが、多くはデベロッパーになるでしょう。
このデベロッパーとは、開発会社と呼ばれる大手ですが、販売代理業者を傘下に抱えており、窓口とすることもよくあります。

中古の物件を取引するのなら

中古マンションや一戸建ての場合、仲介がメインになってくるところが大きな違いといえるでしょう。
新築でも仲介は存在しますが、中古の場合には個人の所有物件が多いため、仲介という形をとることがほとんどなのです。

仲介業者に任せることによって、情報を収集させることもできます。
マンションに関しては、物件の管理を行っている管理会社が入ってくる場合もあるのです。

巨大なデベロッパーから管理会社まで

規模という面から考えると、デベロッパーは非常に巨大です。
傘下に販売会社などを持っていることもあり、非常に多彩な販売形式を持っています。

工務店やハウスメーカーと呼ばれる会社は、それぞれ独自のコンセプトがあったりする企業です。
規模は確実に小さくなって行きますので、保険制度の加入といった安全策がどこまで取られているのかを確認する必要があるでしょう。

販売代理会社は、販売業務だけを行っています。
仲介会社は、契約事務に特化していると考えることもできますが、どうしても費用がかさんでいくことになるでしょう。
マンションなどに特化しているのが管理会社であり、管理組織から委託を受けているところに特徴があるのです。