マイホーム購入の流れ

KH078_72A

大切な買い物だから

住宅を購入するということは、一生のうちに何度もあることではありません。
そのため、だれでも流れを知っているというわけではないものともいえるでしょう。
基本的な流れでも知っておけば、そんなときに役立つようになるでしょう。

ただし、状況によって変わることは考えておかなければいけません。
条件を付けられることもありますので、あくまでも基本としてとらえておくことが大切です。

イメージを作ること

順番として、必ず最初に行わなければいけないのが、資金計画から購入する物件までのイメージを考えることです。
どんな物件を購入したいのか、その物件はどんなものなのかをイメージし、資金の計画を検討していくことになるでしょう。
住宅ローンを使うのかどうかも、この時点で考えていかなければいけません。

住宅ローンを検討したりするうえでは、いつ利用するのかという時期の問題も考えていかなければいけないでしょう。
それに伴い、貯金などの計画も立てて、本当に実現できる問題なのかどうかも検討していかなければいけません。

購入のイメージから現実へ

資金計画を立てた後に、本当に自分のイメージが実現可能なのかどうかを判断していくことになります。
広告をチェックしたり物件の見学をしたりする中で、いくつかに絞り込んでいくことになるでしょう。
いくつかに絞り込むことができれば、現実味を帯びてくるでしょう。

中古住宅や建売の場合には、住宅診断なども検討しなければいけません。
リフォームをするのであれば、予算建ても重要です。

お金の支払いと住宅ローン

購入することになると、申込をしてお金を払うことになります。
価格交渉も行うべきで、言い値で買うものではありません。
その中で、住宅ローンの事前審査も申込んでいくことになるでしょう。

重要事項を見落としたりしないため、重要事項説明書や売買契約書を確認する必要が出てきます。
事前に質問を繰り返し、質疑応答を繰り返し、納得できれば署名捺印となり、手付金を支払うことになるでしょう。
ここで売買契約書に関しては、かなり細かくチェックしなければいけません。

住宅ローンの場合には、本申し込みと承認を受ける必要があります。
審査を受けて承認を受けられれば、問題はありませんが、減額となれば購入計画自体を再検討する必要があるでしょう。
最悪は中止という選択も考えなければいけません。

大事な引き渡しまで

物件の引き渡しの前には、必ず状態の確認や境界線の確認をしなければいけません。
補修が必要であれば、前後の状態を立ち合いの上で確認する必要があるでしょう。
写真を残しておいたりすることも大切ですが、すべて業者任せにしないようにすることが大切です。

あとは、融資の実行を受け次第、残高の支払いをして鍵をもらい、登記の申請をすれば住宅を手に入れることができます。
マンションでもほとんど変わりませんので、この流れを基本としておくことが重要です。