住宅性能表示制度とは

この物件、いい物件なのか、暮らしやすい物件なのか

住宅を購入される際には、やはりそこに暮らす時、暮らしやすくいい物件なのか、設備などの性能がよく、使い勝手もいい、また環境にも即した住宅なのか?など、色々な事が気になります。
物件の状態を確認するため、また間取りや環境を理解するために、物件を見学に行くという事は、住宅購入を考慮されている多くのご家族、また個人の方が行う事だと思いますが、あくまでも、素人目で見るものとなるので、本当に性能のいい家なのかどうかという事を深く理解することはできません。

そこで知っておいてほしい制度が住宅性能表示制度です。
この住宅性能表示制度は、住宅品質確保促進法という法律によって住宅の性能を評価し表示するという制度です。
この表示についての共通ルール、評価方式は国が決めたもので、これによって素人でも、複数の物件の性能を比較検討する事が出来ます。

評価は第三者機関が住宅性能評価機関として登録されている折、この評価によって結果が住宅性能評価書として交付されることになっています。
新築については設計段階における評価となる設計住宅性能評価書、さらに施工と完成檀家の建築住宅のせいの評価書があります。
この評価書については法律に基づくマークが表示されることになっています。
中古住宅に置いては住宅性能表示ではなく、現況検査、評価書が交付されることになっています。

住宅性能表示制度はどのような事を評価されるのか

住宅性能表示制度では、構造の安定、耐震性能などを耐震等級によって評価します。
火災時の安全について耐火性能などを耐火等級、劣化の軽減については構造躯体の耐久性能など劣化対策等級といった形です。
また、維持管理・更新への配慮は配管のメンテナンス性能などは維持管理対策等級、温熱環境、省エネルギー性能については断熱等性能等級として定めます。

そのほか、空気環境の化学物質の低減はホルムアルデヒド発散等級、光・視環境については日照・採光・痛風など単純開口率や方位別開口比、音環境については遮音性能を重量床衝撃音対策等級という形になります。
また、高齢者等への配慮などバリアフリー性能は、高齢者等配慮対策等級で、防犯性能は開口部の侵入防止対策などで、評価をします。

中古住宅や既存住宅の評価についてはどうなのかというと、建物について、不具合、劣化があるかどうかなどを評価します。
また地震に対する強さの強化、柱や土台などにどのくらいの耐久性があるのか、また配管などがきれいに清掃され、取替などが容易にできるようになっているかなどの更新対策、さらに省エネルギー対策など、9つの分野において対象となっています。
こうした評価を受けている物件であれば、住みやすい、暮らしやすい住宅として購入する際に他物件と比較ができます。