「地価」について

DH102

いくらで購入することができるのかを知る

土地を購入したいとすると、いったいくらで買うことができるのかということが大きな焦点となるでしょう。
欲しいといっても、価格によっては購入を考えなければいけないことも出てくるはずです。
そこで、考えていかなければいけないのが地価ということになって行きます。

日本という国の国土を考えた場合、土地は非常に限られています。
それなのにもかかわらず、人口が多く、過密な状態になっていることは間違いないでしょう。
土地の需要が高いということは、こうした背景があるのです。

需要は便利な都市部に行けばさらに高まり、売り手市場になって行きます。
つまり、需要と供給のバランスは、供給側に有利な状況と傾いているといえるでしょう。

さらに、量産できるものではない唯一性を持っており、人気に比例して高額になるしかありません。
こう言ったところからもわかる通り、高額になってしまう要素をいくつも持っているのです。

地価を決めていく要素

地価を決める要素は、いろいろとあります。
地域性ということは重要な要素で、どんな特性を持った地域なのかということによって価格は大きく変化して行くのです。
環境として恵まれており、買い物にも生活にも便利な土地ならば、必ず上がっていくことでしょう。

固有の特性もあります。
形や道路の条件、高低差といったものは容易に偏向することができるわけではありません。
建築法規の問題などもあり、特性に優れていれば上がっていくことは間違いないのです。

人の出入りの多い土地は、流通量の問題により価格が上昇します。
人の動きがなければ、手に入れても便利であるとは言えない可能性が高いため、価格は下がってしまうのです。
流通量が高いということは、将来発展する可能性を持っているともいえるでしょう。

売り手市場である以上、業者が高値で売りたいかどうかということもかかわってきます。
周辺の地価が公表されている以上、あまりにかけ離れた価格にはなりませんが、徐々に全体を引き上げていくことも考えられるのです。
特に集中して持っている業者はこうした価格を左右できるだけの力を持つこともあります。

売主の事情も重要で、どうしてもお金が欲しいときには、売れるように下げることも出てくるのです。
なかなかつかみにくい情報ですが、こうした動機は売り手から買い手に優先権がシフトするため、価格に大きな影響を与えます。

土地というものの価格に掘り出し物はないといわれますが、これは周辺事情がかかわってくるからです。
どこもみなとなりの価格を気にしている以上、突出して安くなったり高くなったりすることもありません。
その中で激安になっていたりすれば、何らかの原因があるのですから、何かおかしいと思ってみることが必要となるのです。