地震に強い土地を探す方法

IMG_171911

液状化が危ない

家を建てるというのであれば、末永く住んでいたいと考えるはずです。
通勤のしやすさや生活も環境も重要ですが、地震が起きた時に液状化したりすることも考えなければいけないでしょう。

東日本大震災の際には、関東などで地面が水のように液状化してしまう現象が起きました。
これにより、傾いてしまった家も多数出てきたのです。
こうした可能性は、マイホームを購入することを考える際には考慮しておかなければいけないこととなってきているといえるでしょう。

ハザードマップの活用

すべての可能性をこれだけで見るのは危険ではありますが、自治体が災害を予測しているハザードマップがあります。
液状化する可能性に関しても起こされており、参考にすることができるでしょう。
東京に関していえば、東側のほうが液状化する可能性は低いとされているのです。

ほんの少し変えるだけで、危険地域ではないところを選ぶことができる可能性もあります。
こうした情報をうまく活用していくことは、リスクを少しでも軽減させることができる可能性があるといえるでしょう。

事前に調査ができる可能性もある

液状化してしまうかどうかを直接調査する方法もあります。
わずかな費用で行うことができる方法としては、SS式と呼ばれるスウェーデン式サウンディング試験が知られているでしょう。
N値という値で結果が出てきますが、これを参考にする方法です。

本来は購入時に地盤調査を行わなければいけないことになっていますが、事前に調査することができることもあります。
10万円程度でできることが多いため、ボーリング調査を行うよりは安価です。

ですが、費用がかかることは確かですので、保証がついた土地を購入するということも考慮するべきでしょう。
地盤保証は、住宅メーカーなどがつけるもので、液状化したときにはリスクを保証するというものです。
少なくとも、保証がある分だけリスクを軽減できることは間違いありません。

地盤改良によって液状化を防ぐ

根本的に液状化を防ぐのであれば、地盤改良をすることが重要です。
地中杭を打ったところで、建物は沈下を防ぐことができますが、地盤が液状化してしまうことを防ぐわけではありません。

これはマンションなどでも同じで、建物を傾いたりさせずに維持できますが、周辺は沈んでしまうかもしれないのです。
地盤改良にもいろいろな方法がありますが、施工前におこわなければ、かなり巨額な費用負担になる恐れもあるため、地盤がどんなものなのか知っておかなければリスクは軽減しにくいといえるでしょう。