土地を探すには

HW024_72A

住む場所を考える

マイホームを建てたいと思っているとき、土地探しから始めることになるでしょう。
土地を決めるということは、家をどうするのかという条件にもかかわってきますので、非常に重要な意味を持ちます。

まずは、どんな業者から購入するのかを考えていかなければいけません。
土地を売買している仲介業者を探すことになりますが、ハウスメーカーに建築を依頼する場合には、協力してくれることもあります。
工務店や設計事務所の場合には、自力で見つけることになるでしょう。

だからといって、不動産会社に土地はありますかと聞いたところで返事は来ません。
ポイントとしては、気に入った土地があったらハウスメーカーなどにどこが持っている土地か調べさせるという方法もあるのです。
この方法の場合、表に公表していない物件も見つけられる可能性があります。

次に必要なのが、土地の相場でしょう。
いったいいくらで購入することができるのかがわからないと勝負にもなりません。
相場を調べるためには、公示価格と路線価という2つの方法から把握して行くことが大切です。

公示価格とは、国土交通省が発表している土地の評価額で、税金の算出の目安ともなっています。
公報に掲載されるため、検索すれば簡単に手に入るでしょう。

路線価とは、都市部の道ごとに国税局長が決定した土地の単価です。
これによって相続税などを決めたりすることになりますが、こちらは国税庁のホームページを検索することで見つけることができるでしょう。

微妙な価格の違いなら、この路線価のほうになります。
ですが、公示価格の80%が目安となっているため、割り戻しして考える必要もあるのです。

土地をどう評価するのか

土地を見つけたら、本当に大丈夫なのかを考える必要があるでしょう。
過去に地盤沈下があったり、低地だったりすると、問題が出てくる可能性が出てきます。

こうした問題は、自治体の防災マップである程度判別可能です。
そのうえで、工務店などに聞いてみると、本当に大丈夫か同課がわかります。

道路や境界線の問題も重要です。
こうした問題は、あとから大きな問題に発展することがよくあります。
そうならないように土地探しの段階から、事前にチェックを入れておくことが大切なのです。

土地探しは、素人ではかなり難しい部分をはらんでいます。
見つけたとしても、希望する家が建てられないということも出てくるからです。
予算内に実現できないという可能性も持っています。

うまくハウスメーカーや建築会社を使っていくことが重要であり、連携していくことが失敗を防ぎ、時間を掛けずに済む方法ともなるのです。
こうした部分での連携が取れるようになると、住宅ローンを含めた手続きなどにも手を貸してもらえるようになったりもします。
人間関係同様に関係を深められるようにすることも必要だといえるでしょう。