【東京】調布駅の住みやすさ!治安や周辺の施設は?

住みたい街ランキングで「次にくる」といわれているのが調布

いつか住みたい街ランキングの関東版で次に来る街といわれているのが、実は調布駅周辺といわれているのです。
調布駅の注目度が高いのは、再開発によって街が大きく変わりつつあるという事が要因といわれています。
2012年には京王線の地下への工事が終わり、今まであった駅舎、線路が全く姿を消したのです。
変わって建設され始めたのが商業ビル、マンションなどで駅前の広場は今も変化しています。

調布駅周辺の土地の値段、坪単価も上向きとなっていて、坪当り140万位まで上がってきていますので、土地をこの辺りに購入しようと思っている人は「今」がチャンスだと考えられるのです。
急ピッチで街の様子が変わっていく中で、調布駅周辺にはどのような魅力があるのか、理解しておくといいと思います。

調布駅は多摩でも交通のアクセスがいい所

調布は多摩地区の南東部にある街で、京王線沿線では新宿駅の次となる乗降客数を誇っている駅です。
多摩と聞くと都心からかなり遠いというイメージがありますが、調布駅は京王線の特急、準急が停車するため、新宿までたった15分程度で到着します。

神保町のほうにいくにも都営新宿線と直通しているので出やすいのです。
将来的にはリニア中央新幹線の停車駅となる予定の「橋本駅」にも直通となるので、この先、さらに交通アクセスがいい街になると思います。

お買い物にも困る事がない暮らしやすい街

この調布駅近くに暮らす場合、昔とは違いお買い物に困る事も少なくなっているのです。
地価の改札を抜けるとあの、「開かずの踏切」により分断されていた南・北口がつながり人が行きかいます。
駅の北側には商業施設、スーパーがあり周辺には昔ながらの商店街があるので帰宅途中にすっとお買い物によることも可能です。

天神通り商店会は妖怪モニュメントが立ち並び、マンが好きな人にはこらえられない商店会となっています。
お買い物をしながら楽しむことが出来て幅広い年齢層の方々に愛されている商店会です。

南側には行政機関やオフィスが多いエリアとうまく区分けされているので、街が非常にわかりやすく感じます。
再開発されている街というのは、こうしたエリアがわかりやすくなるという良さがあるのです。

大型分譲マンションもいくつかたち、その低層階には商業施設テナントが入っているので、街はかなりにぎわっています。
昔の調布駅周辺と比較すると、かなり洗練された雰囲気をもっているのです。
賃貸に関しても新しい物件やリフォームされたものが多くなり、それによって若い世代もここに住みたいと考える人が多くなっています。

アクセスがいい街なので通勤、通学にも便利でご家族で暮らすにもお買い物など困る事も少ないです。
今注目の土地といえるのが調布駅周辺といえます。